周遊きっぷとは

スポンサードリンク

全国に34ヶ所の周遊ゾーンがあり、各ゾーンに出入口駅が定められています。周遊きっぷとは、図1に示すように、出発駅から入口駅を経由してゾーンに入り、ゾーン内はフリー区間としてJRを利用、帰りは、ゾーンの出口駅を経由して、出発駅に戻る乗車券のことです。
周遊きっぷは、「ゆき券」、「ゾーン券」、「かえり券」の3枚で構成され、券片それぞれに料金と有効期間が設定されます。また、周遊きっぷは乗車券です。特急や寝台、グリーンに乗車する場合は、別途、料金券が必要です。ただし、ゾーン券のエリア内に限り、特急・急行の自由席が利用できます。

往復どちらかは飛行機も可

北海道・四国・九州の各ゾーンへは、 行きか帰りのいずれかに飛行機を利用することができます。この場合は当然、JRの「ゆき券」「かえり券」のどちらか一方は不要です。
航空部分とJR部分を同時購入するのはもちろん、航空券だけを先に買い、それを呈示して残りのJR部分を購入することもできます。
周遊きっぷに組み込んで利用できる航空会社には特に制限がありません。また、普通運賃のほか、個人向けの各種割引運賃も利用できます。

周遊きっぷの有効期間

周遊きっぷの有効期間は、券片ごとに定められています。つまり「ゆき券は○月×日から△日間、ゾーン券は○月□日から…」といったふうになっていて、全体で何日間という決めかたにはなっていません。
「ゆき券」「かえり券」の有効期間は同区間の普通乗車券と同一で、距離によって変わります。たとえば片道201〜400kmなら3日、片道401〜600kmなら4日です。
また、「ゾーン券」は通常は5日間有効と決まっています。ただ、北海道ゾーンには5日間用のほかに10日間用というのがあります。

スポンサードリンク


【送料380円】66%OFF!Jダイエット-12日ティー24包約3.5g×24包★全品ポイント10倍!(P10倍)...

自由席が追加料金なしで利用できます

周遊ソーン内では、特急(新幹線含む)・急行・快速・普通列車の自由席が追加料金なしで利用できます。
周遊ゾーン内をあちこち見て回りたいときにすごく便利です。